工事を始める前に

Before starting construction
POINT1:お見積もり

リフォームで失敗しないために非常に重要なお話しです。
塗装工事をお考えでしたら、
3社以上でお見積もりを取ることを絶対にオススメします!

そこでお願いです。
日成建装を3社のうち1社に加えてください!

当社は価格が安いだけではなく、内容は他社の塗料・施工内容から見ても2~3ランク上です。
だからこそ自信を持って「3社以上見積もってください」と言えるのです。塗装をお考えでしたらぜひ当社でお気軽にお見積もりをしてみてください。(無料)きっといい結果が出ると思います。見積もりをしたからといって、決してその後しつこい営業等はいたしません。

見積りのポイント

見積もりを作成してもらう際に重要なポイントをまとめました。
見積もりを比較する際に参考にしていただければ幸いです。
01

お問い合わせ

メールもしくはお電話でお問い合わせください。
お客様のご都合に合わせて、ご相談、お見積もりをさせていただきます。
01

見積書は全体で

見積もりの段階では、まず全体の見積もりを出してもらうことを強くおすすめいたします。「この部分はまだ大丈夫」という話もよく耳にしますが、いざ施工を行なうと、その部分が気になってくることも多々あります。まずは全体の見積もりを出し、その後ご予算に合わせて不要な部分をカットするのが後悔しないための秘訣です。
02

工程毎・施工箇所別に

見積もりは施工内容や施工箇所ごとに、きちんと内訳を明記されていることが重要です。どの部分をどのように施工すればいくら掛かって、どれをカットすればいくら費用を抑えられるか。その点が明確でなくては最適なプランが立てられません。見積書を確認なさる際は、詳しく内訳が記されているかをチェックしてください。
03

キチンと書面で

いうまでもなく口約束はトラブルのもとです。たとえ簡単な工事であったとしても、必ず正式な契約を取り交わすようにしてください。もちろん、契約書には工事範囲や金額、工期などが明記されていることをチェック。ほんの少しでも不安や不明点があった場合はあいまいにせず、きちんと詳細な説明をしてもらうようにしましょう。
項目を追加

DESIGN PACKAGE

デザインを楽しむ新しいリフォーム。
シンクも綺麗にお住まいのデザインに合せて、多機能なシンクもご用意してますきな石の建物のなかで考えていると、みんなむかし風のなつかしい青い幻燈のように思われます。五月から十月までを書きつけましょう。

お見積もりは細かくチェック

その見積り、本当に適正ですか?
画像は弊社の見積もりですが、お見積もりは通常各項目を細かく記載しています。各材料や項目の料金がわかるためお客様が納得がいくのと、業者に料金を水増しされないためです。弊社でも見積もりは細かくお出しして適正な価格でご案内しています。
項目を追加
POINT2:塗料

現在塗料は多種多様のメーカーから数多くの物が販売されています。その為どのような塗料を使われているかを知らないと安い塗料ですが高い塗料とされてしまう可能性もあります。

塗料の種類

一部ですが、よく使用される塗料の紹介をします。日成建装のおすすめは一番コストパフォーマンスが高い無機塗料をオススメしていますが、お客様のご予算に合わせて最適な塗料のご提案をさせていただいております
代表取締役
佐藤 一太郎
Ichitaro Sato
シリコン
一般的に多く使われている塗料です。価格・品質共に選びやすいです。
耐久目安:10年
ラジカル
性能はフッ素に近く、料金はシリコンに近い塗料です。
耐久目安:12年
フッ素
長持ちする優秀な塗料です。紫外線に強く、長期間家の美観も保ちます。
耐久目安:16年
無機
最高級の塗料で対候性・不燃性・防カビ性が高く一番長持ちします。
耐久目安:20年
項目を追加
POINT3:保証について

塗装工事は塗って終わりではありません。万が一の事も考えた保証が必要です。そのため日成建装は保証書を発行しています。

living kitchen

家族が集まるリビングキッチン
温かみのある無垢材を贅沢に使用したリビングキッチン。ウォールナット材にすることで壁の白が際立ち、明るいお部屋を演出しています。また、従来のキッチンに比べてIランドキッチンは広々としており収納スペースも豊富。さらに開放的で家族やお客様との距離も縮まりやすいのが魅力です。
食卓は家族とのコミュニケーションの場として大切な場所。自然と家族が集まってくるようなダイニングキッチンを目指しました。

証書の発行について


仕上げ材の種類によって保証期間も変わります。発行しない業者も存在しますし、出せばよい訳でもありません。どこをどのように保証するのかといった内容が重要ですし、特殊塗料ではメーカーも保証に加わるケースが多くなっています。20年、30年といった保証を設ける業者もありますので、じっくりと内容を確認してください。
項目を追加

塗装工事Q&A

塗装工事でよくご質問いただく事にお答えします。
Q
質問です
A
答えです
Q
問い合わせをするとしつこく営業される気がするのですが・・・
A
私は根っからの職人気質で皆様と一緒で営業されるのが嫌いです。そのためしつこい営業はしませんのでご安心ください!
Q
金額はいくらくらいですか?
A
外壁の痛みや広さによって金額は変動しますのでまずはお問い合わせください!
Q
新築のときよりも塗装の色が随分変わったように感じます…
A
外壁や屋根などの塗装は、塗膜の経年劣化で表面の色が変色してきます。同時に防水性も低下してしまいますので、塗り替えをご検討なさる時期です。
Q
屋根の塗料と外壁の塗料は違うのでしょうか?
A
屋根は建物の中でも特に、紫外線や風雨の影響を受ける場所です。そのため、上塗りには耐久性や遮熱性、断熱性の高いものを使用するのが一般的です。
Q
雨の日でも作業をしてもらえるのでしょうか?
A
申し訳ございませんが、雨天時はお休みとさせていただきます。それにより日程に変更が出る場合もありますが、何卒ご了承いただければ幸いです。
Q
雨で工期が長くなった場合、費用も高くなるのですか?
A
ご安心ください。天候等で工期が延びても施工内容は変わりませんので、費用が高くなるようなことは一切ございません。
項目を追加