工事を始める前に

Before starting construction

ポータルサイトのカラクリ

塗り替えをしたくてネットで業者を探したけど、どの業者がいいのかがわからない・・・。だから一括見積りをポータルサイトでお願いする人も多いはずです。しかし、待ってください。重要イベントである塗り替えをそんな簡単に決めて本当にそれで良いのでしょうか?日成建装が
ポータルサイトのカラクリを少しだけご紹介できればと思います。
広げる
湾岸を埋め立て土地を広げる
そのころわたくしは、モリーオ市の博物局に勤めて居りました。
費用はお客様から出ている
皆さまはポータルサイトにお金を払っていないので、え?となりますよね。ポータルサイトは業者から大体施工金額の10%くらいを利用料でもらっています。そのため業者は不本意ながら金額を上乗せしないと行けないのです。
運営してるのは営業会社
塗装の専門サイトは塗装屋が行っていると思っていませんか?実は運営は営業会社がほとんどです。そのためいい業者を紹介!ではなく、とりあえずたくさん紹介して成約してもらうことを第一に考えている事が多いです。
手抜きしないといけない
業者の利益が減る=どこかで利益を上げる事をしないといけなくなり、通常3度塗りするのを2度塗りにしたり、人数を減らして簡素化しなければいけないのです。
※すべての業者がそのような事をしているわけではありません。
項目を追加

後悔しない塗装工事のために

塗装の塗替えは、10年程度を目安に行なわれるのが一般的とされます。
言い換えれば「10年はもたさなければならない」というのが弊社の考えです。
したがって、日成建装では
「こういう工法、こんな価格でリフォームすれば、10年は大丈夫だな」
と思っていただけるようなご提案を心掛けています。
どうぞ安心してご相談ください。
01

お問い合わせ

メールもしくはお電話でお問い合わせください。
お客様のご都合に合わせて、ご相談、お見積もりをさせていただきます。
01

リフォームはわからない

例えば車であれば試乗やショールームに実際に行ったりすることができるので、週末の楽しいドライブなんかも想像してワクワクしますよね。リフォームは下地の状況や傷み具合によって金額も全然違うものになってしまいます。また、工法や材料の選定によっても違ってきます。実物を体験できない・価格もまちまち・知識もない。だからどれを選ぶのか悩んでしまうのではないでしょうか?
02

適正価格を知る

残念ながら塗装業者の中には悪質な業者も多く、工事後に追加費用を請求されたり、安価ではあるものの劣悪な塗料を使用していたり、といったケースが珍しくありません。こうした話をお客様から聞くたびに悔しい思いをしてきました。少しでもこのような被害を防ぐべく、適正な価格をお客様に知っていただきたいと考えています。
項目を追加

こんな言葉聞いたことありませんか?

~こんなセリフは営業手口~
広げる
湾岸を埋め立て土地を広げる
そのころわたくしは、モリーオ市の博物局に勤めて居りました。
限定〇棟キャンペーン
今やるとお得に聞こえますよね。ですが正直1年中やっている業者も多いです。
モニター価格で行います
良く耳にする言葉ですが、どなたにも言っているようですのでお気を付けください。
通常価格より安くする
特別な理由がない限りは10~15%以上は値引きできないと私は考えます。
今やらないと・・・
危機感を煽ってきますが、よほどの自然現象(地震や大型台風)がない限りは半年や1年で費用が大きく変わることはありません。
オリジナルの塗料です
自社で研究開発を行っていればとてつもなく高い塗料になるはずです。ほとんどは営業成績を上げたいがための言葉と考えてください。
項目を追加

お見積もりは細かくチェック!

お客様が外壁の塗り替え・外装リフォームをしようと思われたら、
ご予算に合わせて業者からお見積もりを取り寄せることになりますが、
お見積もりについてのアドバイスをさせていただきます。
01

お問い合わせ

メールもしくはお電話でお問い合わせください。
お客様のご都合に合わせて、ご相談、お見積もりをさせていただきます。
01

見積書は全体で

見積もりの段階では、まず全体の見積もりを出してもらうことを強くおすすめいたします。「この部分はまだ大丈夫」という話もよく耳にしますが、いざ施工を行なうと、その部分が気になってくることも多々あります。まずは全体の見積もりを出し、その後ご予算に合わせて不要な部分をカットするのが後悔しないための秘訣です。
02

工程毎・施工箇所別に

見積もりは施工内容や施工箇所ごとに、きちんと内訳を明記されていることが重要です。どの部分をどのように施工すればいくら掛かって、どれをカットすればいくら費用を抑えられるか。その点が明確でなくては最適なプランが立てられません。見積書を確認なさる際は、詳しく内訳が記されているかをチェックしてください。
03

キチンと書面で

いうまでもなく口約束はトラブルのもとです。たとえ簡単な工事であったとしても、必ず正式な契約を取り交わすようにしてください。もちろん、契約書には工事範囲や金額、工期などが明記されていることをチェック。ほんの少しでも不安や不明点があった場合はあいまいにせず、きちんと詳細な説明をしてもらうようにしましょう。
項目を追加

living kitchen

家族が集まるリビングキッチン
温かみのある無垢材を贅沢に使用したリビングキッチン。ウォールナット材にすることで壁の白が際立ち、明るいお部屋を演出しています。また、従来のキッチンに比べてIランドキッチンは広々としており収納スペースも豊富。さらに開放的で家族やお客様との距離も縮まりやすいのが魅力です。
食卓は家族とのコミュニケーションの場として大切な場所。自然と家族が集まってくるようなダイニングキッチンを目指しました。

しいお見積り書サンプル

日成建装が実際に出しているお見積り書のサンプルです。塗料だけではなく、足場・洗浄・タスペーサー・コーキング・シーリング等細かく分けると塗装工事だけでこんなにも項目があります。これは決して細かすぎではなく普通なので一度詳細を出してもらってみるのも重要でしょう。

証書の発行


仕上げ材の種類によって保証期間も変わります。発行しない業者も存在しますし、出せばよい訳でもありません。どこをどのように保証するのかといった内容が重要ですし、特殊塗料ではメーカーも保証に加わるケースが多くなっています。20年、30年といった保証を設ける業者もありますので、じっくりと内容を確認してください。
項目を追加

塗装工事Q&A

塗装工事でよくご質問いただく事にお答えします。
Q
質問です
A
答えです
Q
問い合わせをするとしつこく営業される気がするのですが・・・
A
私は根っからの職人気質で皆様と一緒で営業されるのが嫌いです。そのためしつこい営業はしませんのでご安心ください!
Q
金額はいくらくらいですか?
A
外壁の痛みや広さによって金額は変動しますのでまずはお問い合わせください!
Q
新築のときよりも塗装の色が随分変わったように感じます…
A
外壁や屋根などの塗装は、塗膜の経年劣化で表面の色が変色してきます。同時に防水性も低下してしまいますので、塗り替えをご検討なさる時期です。
Q
屋根の塗料と外壁の塗料は違うのでしょうか?
A
屋根は建物の中でも特に、紫外線や風雨の影響を受ける場所です。そのため、上塗りには耐久性や遮熱性、断熱性の高いものを使用するのが一般的です。
Q
雨の日でも作業をしてもらえるのでしょうか?
A
申し訳ございませんが、雨天時はお休みとさせていただきます。それにより日程に変更が出る場合もありますが、何卒ご了承いただければ幸いです。
Q
雨で工期が長くなった場合、費用も高くなるのですか?
A
ご安心ください。天候等で工期が延びても施工内容は変わりませんので、費用が高くなるようなことは一切ございません。
項目を追加